スパブログ

雑記。映画とかコーヒーとか、アイカツ!とか。

「レ・ミゼラブル」

ãã¹ã¿ã¼ç»å

 

こんにちは、スパです。

今日はミュージカル映画の金字塔こと「レ・ミゼラブル」です。

 

 

youtu.be

レ・ミゼラブル - 作品 - Yahoo!映画

 決して明るい話ではないんですが、希望に満ちた作品でした。

時代背景への理解や原作への知識が皆無だったので、もったいないことをしたと少し後悔しています。

もう一回見ます。

 

ただそれでも十分に楽しめた!

 

やっぱりミュージカル映画の醍醐味は歌だと思うんですが、歌への力の入れ方がすごい!

ビックリしたのは、セリフのほぼ全てが歌だったこと。

今まで見たミュージカル映画(「マンマ・ミーア!」、「ANNIE/アニー」etc...)は、いわゆる"いきなり歌い出す"タイプだったので驚きました。

あと、歌が直撮り?らしいです。

クチパクであとから吹き替えで歌を入れるって感じじゃなくて、カメラ回しながらその場で歌う。

そのせいか、歌の迫力がすごかった。

 

ヒュー・ジャックマンの、Valjean's Soliloquy(独白)、Who Am I?(私は誰?)

アン・ハサウェイのI Dreamed a Dream(夢やぶれて)

ヒュー・ジャックマンVSラッセル・クロウ The Confronration(対決)

イザベル・アレンのCastle On A Cloud(幼いコゼット)

ラッセル・クロウのJavert's Suicide(自殺)

ラストシーン、Do you hear the people song(民衆の歌)

 

印象に残る歌がパッと思い返すだけでもこんだけ出て来る。

一番気に入ったのは”民衆の歌”ですね。

ラストシーンは震えた。

 

 

 

あとキャストが豪華。

アン・ハサウェイアマンダ・セイフライドって俺得すぎる。