スパブログ

雑記。映画とかコーヒーとか、アイカツ!とか。

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」感想 父との絆、母の愛

f:id:spa-d-j-1123:20180617154147j:plain

 

こんにちは、スパです。

 

prime video週末レンタル100円セールから、「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」です。

 

ずっと見たかったやつです。多分小さい頃に見たことある気がしないでもないけど.......

youtu.be

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い - 作品 - Yahoo!映画

9.11アメリカ同時多発テロ事件で父を亡くした少年オスカーが、父の部屋で一本の鍵とblackと書かれた封筒を見つける。鍵の意味を知るためにニューヨーク中を旅する。って感じのヒューマンドラマです。

 

めっちゃ泣きました。

以下ネタバレありです

 

父親との絆、母親の愛情、Blackさんたちとの出会い、優しさ。

ほんとにヒューマンドラマとしての完成度が高すぎる。

 

お母さんがすごい。

中盤まではお母さんに泣かされるとは思ってませんでした。

夫を亡くしてしんどい、ただの口うるさいお母さんだと思ってましたごめんなさい。

 

鍵穴探しの調査探検の影の立役者だったんですよね。

これをカミングアウトするシーンがほんとに無理でした。涙が止まらなかった。

 

ニューヨーク中のブラックさんに息子のことをお願いして回るって.......

普通気づいた時点で止めるでしょ......

息子の成長を確信して、無事にやり遂げられるように人知れず奔走する。

 

母親ってすごいんだなって。

僕も母親との関係改めないとですね........